FreeFem on xUbuntu18.04LTS

FreeFemをxUbuntu18.04LTSでbuildした作業記録です。
参考はこちら

0. 準備

必要なpackageをインストールします。

#sudo apt-get update
#sudo apt-get upgrade
#sudo apt-get install cpp freeglut3-dev g++ gcc gfortran m4 make patch pkg-config wget python unzip libopenblas-dev liblapack-dev libhdf5-dev libgsl-dev \
    libscotch-dev libfftw3-dev libarpack2-dev libsuitesparse-dev libmumps-seq-dev libnlopt-dev coinor-libipopt-dev libgmm++-dev libtet1.5-dev \
    gnuplot-qt autoconf automake autotools-dev bison flex gdb valgrind git cmake

あと、次のpackageも必要になりました。

#sudo apt-get install mpich autoconf automake cmake libtool

1. Source codeのdownload

#git clone https://github.com/FreeFem/FreeFem-sources.git

そしてautoconfでbuildのためのfileを作ります。

#cd FreeFem-sources
#autoreconf -i
#./configure --enable-download --enable-optim

2. 3rd Party Packages

関連するPackageをdownloadします。今回はHPDDMを組み込みます。

#./3rdparty/getall -a
#./configure --enable-download

/usr/localの下にff-petscがあるのなら、削除します。そして、

#cd 3rdparty/ff-petsc
#make petsc-slepc SUDO=sudo 
(sudoは/usr/localへの書き込みに必要なら付けます)

petscのbuildが完了したら、

#cd -
#./reconfigure

3. build

#make 
#make check

そして

#sudo make install

以上です。

One Reply to “FreeFem on xUbuntu18.04LTS”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です