xUbuntu20.04にSalome-meca2019のインストール

xUbuntu20.04LTSがリリースされたので、Salome-meca 2019をインストールしました。その時の作業記録です。

xUbuntu18.04LTSと同じようにPackageを追加していきます。

$sudo apt-get install libQt5* net-tools libnlopt0
$sudo apt-get install python3 python3-dev python3-numpy

今回はさらに次の3つを追加しました。

$sudo apt-get install libffi* 

Code asterのサイト(https://www.code-aster.org/V2/spip.php?article303)へ行き、Salome-meca2019をダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、展開してsalome_meca-2019.0.3-1-universal.runとします。
インストール先は/opt/salome_mecaとしました。

 $./salome_meca-2019.0.3-1-universal.run -t /opt/salome_meca

このままでは、起動時にエラーとなるので、libstdc++.so.6への既存のリンクを削除して、新しいリンクを作成します。リンクを変更します。

$cd /opt/salome_meca/V2019.0.3_univ/prerequisites/debianForSalome/lib 
$rm libstdc++.so.6
$ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libstdc++.so.6 libstdc++.so.6

さらにAsterstudyの起動時対策として次のリンクを作成します。(参考)

$ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libffi.so libffi.so.6

salome-mecaを実行します。

(多分)うまくいくと、起動⇒AsterStudy。HelpでAboutを選ぶと次の画面が見られます。

以上です。各モジュールの動作はこれから確認していこうと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です