Code Aster 15.4 with Petsc

未分類
sponsored

salome_meca2021のCode aster 15.4はpetscが組み込まれていませんでした。forumで議論されていた通り、Singularityを使うと簡単にpetscを組み込むことができます。

まず、SourceForgeからdefaultのソースコードをダウンロードして、$HOME/dev/codeaster/srcに置きます。もう一つdevtoolsを$HOME/dev/codeaster/devtoolsに置きます。

Singularityの起動

>singularity shell salome_meca-lgpl-2021.0.0-0-20210601-scibian-9.sif

環境設定

>cd dev/codeaster
>source devtools/etc/env_unstable.sh

次にwafを使ってbuildします。

>cd src
>./waf_mpi configure --without-hg
>./waf_mpi install

これでdev/codeaster/install/mpiの下にpetscを組み込んだcode aster が作られます。Singularity環境ではastkが使えます。そのastkから作成したcode asterを呼び出せるようにします。

>cd
>cd .astkrc
>vi prefs

最後尾に次の内容を加えます。

vers : DEV_MPI:$HOME/dev/codeaster/install/mpi/share/aster

$HOMEで

>astk

と入力すると、

astkが起動し、右上のボタンからDEV_MPIを選択できるようになります。そしてpetsc01aを実行してみます。

表示からpetscが組み込まれていることが分かります。MUMPSのversionも上がっています。

Ararmは出ますが、計算は無事終了しました。code aster 14.4と比べるとpetscの組み込みは簡単になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました