Code Aster 15.4 をsingularityなしで作成

sponsored

Code asterはSingularity内の環境を使用すれば簡単にbuildができます。でも、従来の方法でbuildっできないか試してみました。元ネタはこちら

まず、Code asterのHPからaster-full-src-15.2.0-1.noarch.tar.gzをダウンロードして適当な場所に展開します。

Sourceforgeのcodeasterから、15.4のソースコードをダウンロードします。それをaster-15.4.0フォルダー下に置きます。

ソースコードをtgzに圧縮します。

> tar -cvzf aster-15.4.0.tgz aster-15.4.0

圧縮されたソースコードaster-15.4.0.tgzをaster-full-src-15.2.0を展開してできたツリーの次の場所に移します。

medの4.1.0をhttps://src.fedoraproject.org/lookaside/pkgs/med/med-4.1.0.tar.gz/から入手して配置します。

次に、setup.pyが使用する情報の入った_pkginfo_.pyを修正します。

準備が完了しましたので、buildを始めます。

> python3 setup.py install --prefix=/opt/aster/15.4

buildが終われば完了です。
試運転はforma01aで行いました。messの一部を載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました