Aster Studyではりの計算

こちらの梁の計算 についてbeam要素を用いてAster Studyを使って計算します。

Salome-Mecaを起動します。

$ LANG='en_EN.utf8' ./salome

GeometryからMeshに移動して、Femモデルを作成します。

Femモデルを作成し終えたら、Aster Studyへ移動します。

節点1は拘束しますから、”fix”と名前を付けておきます。同様に荷重が作用する節点2には”load”とします。

Aster Study に移動し、”Add stage”で新しいcommを作成します。

Mesh > Read meshを選択します。

Mesh Fileは、”Mesh”メニューで作成したMesh_1を選択します。Formatはmedです。Model definition > Assign finite elementで解析の種類、要素の種類を設定します。

梁の曲げなので”Mechanic”、要素にはTimoshenko梁を選びます。

Model definition > AFFE_CARA_ELEMを選び、梁要素の断面特性値を入力します。

設定する特性値の名前を入力し、

対応する数値を入力します。

材料特性を入力します。Material > Define a materialを選択します。

材料名は”steel”として、線形等方性を選んで、縦弾性係数とポアソン比を入力します。そして、Material > Assign a materialから、”steel”を要素に適用します。

境界条件の設定です。BC and Load > Assign mechanical loadから

を選択して、それぞれについて次のように入力します。

次に、AnalysisからStatic mechanical analysisを選択して、material、Model、Loadsを入力します。

計算結果はreslinに格納されます。そして、出力のための処理を設定します。ここでは、Paraview用と、節点変位をtextファイルに出力するための2つの設定を行います。

Post processing > CALC_CHAMP

Post processing > POST_RELEVE_T

次に、出力を指示します。Output > Set output resultsでParaview用のmed形式の出力を指示します。

もう一つ、荷重作用点の変位をtext出力するための指示をだします。

以上で計算のための設定は終わりです。タグを選択してHistory Viewへ移動し、メモリや計算時間の設定を確認してから、Runボタンをクリックします。

あとは、緑印の実行完了を待つだけです。

変位について解析結果を示します。

荷重点の変位のtext出力は次のとおり。

Shell要素を用いた計算結果と同じ値になりました。

今回使用したbeam_1_bend.zipです。

Aster Studyで断面性能の計算

Salome-Mecaに挑戦です。こちらの断面 についてAster Studyを使って計算します。内側の境界線に”inn”と名前を付けます。

Salome-Mecaを起動します。

$ LANG='en_EN.utf8' ./salome

断面を作成して、Meshを作成したらAster Studyへ移動します。

“Add stage”で新しいcommを作成します。

Stage1 →Mesh→” Read a mesh”と選択していきます。

一番上のMesh file locationで先に作成したMesh_1を選んでOKボタンを押します。

次にMesh_1に含まれるMeshにグループ名を付けます。

stage1 Show allで検索ダイアログからMACRO_CARA_POUTREを選択します。

そして、計算時の原点となるNodeを入力します。ここではoriginと名付けたNodeです。

続けて、境界のエッジのグループを入力します。GROUP_MAで要素のグループ”shell”を入力すると、JXの値が?になってしまいます。

最後に結果出力の指定です。Stage1→ Output→ IMPR_TABLEと進みます。

一番上は標準のまま。二番目は結果が入ったファイル名です。FORMAT_Rは出力書式です。指数形式で20マスを使い、そのうち9マスが数値の小数点以下の桁数となります。FORTRANのFORMAT文と同じですね。

以上で準備ができました。それでは実行です。

画面の下のRunボタンをクリックします。

回転する砂時計が現れます。

無事に終了すると緑の円マークとなります。

で完了です。先に出力先に指定したbox_section.resuが作成されています。

code_aster v13.6 parallel version

This page is a note of the work to build parallel version.

(In the case of Code aster v14.4 is here.)

0.preparation

Preparation is same as the case of CodeAster 13.6.
Some packages are installed as follows.

$sudo apt-get install  gfortran g++ python-dev python-numpy liblapack-dev libblas-dev tcl tk zlib1g-dev bison flex checkinstall openmpi-bin libx11-dev cmake grace gettext libboost-all-dev swig

 

1.OpenBLAS

To get source code from author’s HP. Then execute following procedure.

$ tar xfvz OpenBLAS-0.2.20.tar.gz
$ cd OpenBLAS-0.2.20
$ make NO_AFFINITY=1 USE_OPENMP=1
$ make PREFIX=/opt/OpenBLAS install
$ echo /opt/OpenBLAS/lib | sudo tee -a /etc/ld.so.conf.d/openblas.conf
$ sudo ldconfig
2.Code_Aster eith OpenBLAS
First, the source code of code_aster is unpacked. Next, “setup.py” is modified according to the reference.
$ cd aster-full-src-13.6.0
$ sed -i "s:PREFER_COMPILER\ =\ 'GNU':PREFER_COMPILER\ =\'GNU_without_MATH'\nMATHLIB=\ '/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a':g" setup.cfg

And

$ python setup.py install

After the build complete, to make host file for parallel calculation.

$ echo "$HOSTNAME cpu=$(cat /proc/cpuinfo | grep processor | wc -l)" > /opt/aster/etc/codeaster/mpi_hostfile
3.ScaLAPACK
$ tar xfvz scalapack_installer.tgz
$ cd scalapack_installer
$ ./setup.py --lapacklib=/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a --mpicc=mpicc --mpif90=mpif90 --mpiincdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/openmpi/include --ldflags_c=-fopenmp --ldflags_fc=-fopenmp --prefix=/opt/scalapack
Over.
4.Parmetis

Get source code and unpack it.

$ tar xvf parmetis-4.0.3.tar.gz
$ cd parmetis-4.0.3
$ make config prefix=/opt/parmetis-4.0.3
$ make

Next, checking.

$ cd Graphs
$ mpirun -np 8 ptest rotor.graph rotor.graph.xyz

When any error is reported, go to~/parmetis-4.0.3 and execute follows:

$ make install

This part is finished.

5.Scotch and Ptscotch

Unpack scotch-6.0.4-aster5.tar.gz which is included the package of code_aster in /opt.

$ cd /opt/scotch-6.0.4/src

Makefile.inc is here.

$ make scotch esmumps ptscotch ptesmumps CCD=mpicc

After building, check it.

$make check
$make ptcheck

This part is finised.

6.MUMPS

Pick mumps-5.1.1-aster2.tar.gz from the package of code_aster out and unpack it in /opt. The name of folder is changed to mumps-5.1.1-mpi.

$ cd /opt/mumps-5.1.1-mpi

Makefile.inc is here.

$ make all

Next, to go to ~/examples and check the MUMPS.

7.Petsc

petsc-3.7.7.tar.gz is downloaded from author’s HP. Then unpack it in /opt. First step is “config”.

$ cd /opt/petsc-3.7.7
$ ./config/configure.py --with-mumps-dir=/opt/mumps-5.1.1-mpi --with-openmpi-dir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/openmpi --with-blas-lapack-lib=[/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a] --download-hypre=yes --download-ml=yes --with-debugging=0 COPTFLAGS=-O1 CXXOPTFLAGS=-O1 FOPTFLAGS=-O1 --with-x=0 --with-shared-libraries=0 --with-scalapack-dir=/opt/scalapack --PETSC_ARCH=linux-metis-mumps --with-metis-dir=/opt/aster/public/metis-5.1.0 --with-parmetis-dir=/opt/parmetis-4.0.3 --with-scotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 --with-ptscotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 LIBS=-lgomp --configModules=PETSc.Configure --optionsModule=PETSc.compilerOptions

Next step is “make”

$ make PETSC_DIR=/opt/petsc-3.7.7 PETSC_ARCH=linux-metis-mumps all

Then a check of function.

$ make PETSC_DIR=/opt/petsc-3.7.7 PETSC_ARCH=linux-metis-mumps test
$ make PETSC_DIR=/opt/petsc-3.7.7 PETSC_ARCH=linux-metis-mumps streams

This part is finished.

8.Parallel version Code_Aster

Go to the folder stored the source code of code_aster. And unpack aster-13.6.0.

$ cd ~/Install_Files
$ cd aster-full-src-13.6.0/SRC
$ tar xfvz aster-13.6.0.tgz
$ cd aster-13.6.0

Next a part of ~/waftools/mathematics.py is modified to skip the checking of blacs.

# program testing a blacs call, output is 0 and 1
blacs_fragment = r"""
program test_blacs
    integer iam, nprocs
#    call blacs_pinfo (iam, nprocs)
#    print *,iam
#    print *,nprocs
end program test_blacs
"""

Then copy Ubuntu_gnu.py and Ubuntu_gnu_mpi.py to the folder. Now preparation of build is ready.

$ export ASTER_ROOT=/opt/aster
$ ./waf configure --use-config-dir=$ASTER_ROOT/13.6/share/aster --use-config=Ubuntu_gnu_mpi --prefix=$ASTER_ROOT/PAR13.6MUPT2
$ ./waf install -p

When build is finised. add register the parallel version to /opt/aster/etc/codeaster/aster.

# Code_Aster versions
# versions can be absolute paths or relative to ASTER_ROOT
# examples : NEW11, /usr/lib/codeaster/NEW11

# default version (overridden by --vers option)
default_vers : stable

# available versions
# DO NOT EDIT FOLLOWING LINE !
#?vers : VVV?
vers : stable:/opt/aster/13.6/share/aster
vers : 13.6MUPT:/opt/aster/PAR13.6MUPT2/share/aster
7.Change the setting
Open /opt/aster/etc/codeaster/asrun and edit the line of “mpi_get_procid_cmd”.
mpi_get_procid_cmd : echo $OMPI_COMM_WORLD_RANK
Next, the line regarding to “mpirun” is modified as follows.
mpirun_cmd : mpirun -np %(mpi_nbcpu)s %(program)s

Whole work is finished. Let’s Enjoy!



Installation of code_aster v13.6 on xUbuntu 18.04LTS

This is a minutes of installation of Code_Aster v13.6 on xUbuntu18.04LTS.

First, the package was downloaded from following homepage.

Next, some packages rewquired for build were installed.

$su apt-get install  gfortran g++ python-dev python-numpy liblapack-dev libblas-dev tcl tk zlib1g-dev bison flex checkinstall openmpi-bin libx11-dev cmake grace gettext libboost-all-dev swig

Then , aster-full-src-13.6.0-1.noarch.tar.gz was untared and to go into aster-full-src-13.6.0.

$python setup.py install --prefix=/opt/aster

Typing above command, code_aster v13.6 was set under /opt/aster.

This is a result of confirmation.

/opt/aster/bin/as_run --vers=13.6 --test forma01a

 

The work was completed without any trouble. Thank you!

MFRONTの追加

こちらで構築したCodeAsterですが、実はMFront:non disponsibleとあるとおり組み込まれていません。

せっかくですので、MFrontを組み込んでみました。

0.準備

CodeAsterのv13.6と一緒に配布されているtfel-3.0.0では、python libraryを作ることができませんでした。そこで、tfel-3.2.0をダウンロードして使用します。

$ tar xfvz tfel-3.2.0.tar.bz2
$ cd tfel-3.2.0

そして

$ cmake -DTFEL_SVN_REVISION=3.2.0 -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -Dlocal-castem-header=ON -Denable-fortran=ON -DPython_ADDITIONAL_VERSIONS=2.7 -Denable-python=ON -Denable-broken-boost-python-module-visibility-handling=ON -Denable-python-bindings=ON -Denable-cyrano=ON -Denable-aster=ON -Ddisable-reference-doc=ON -Ddisable-website=ON -Denable-portable-build=OFF -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/tfel-3.2.0

$ make 
$ make install
1.環境設定

前回のCodeAsterの構築で作成されたファイルを利用します。

$ cd /opt/aster/13.6/share/aster

このフォルダにあるprofile_mfront.shを利用します。エディタで

HOME_MFRONT=/opt/aster/public/tfel-3.0.0

HOME_MFRONT=/opt/tfel-3.2.0

に変更します。

同様にaster_full_config.pyの中のtfelのフォルダ名も変更します。そして

opts.enable_mfront = True

を追加します。

 

2.構築

CodeAsterのソースファイルが置いてあるフォルダに移動します。

$ cd ~/Install_Files
$ cd aster-full-src-13.6.0/SRC/aster-13.6.0
$ export ASTER_ROOT=/opt/aster
$ source $ASTER_ROOT/13.6/share/aster/profile_mfront.sh
$ ./waf configure --use-config-dir=$ASTER_ROOT/13.6/share/aster --use-config=aster_full_config --prefix=$ASTER_ROOT/MFRONT13.6
$ ./waf install -p
3.結果

新たに構築したCodeAsterを使ってみます。MFRON01を試してみました。

まず、/opt/aster/13.6/share/aster/testからmfron01a.commとChaboche.mfrontを適当な場所(ここでは/home/kk)にコピーしました。

そして、astkを起動します。

$ /opt/aster/bin/astk

そして、次のように設定しました。

resuの設定は不要です。実行にあたり、commの中を少し変更しました。

変更前:os.system("cp src/libAsterBehavior.so Chaboche.so")
変更後:os.system("cp /home/kk/src/libAsterBehavior.so Chaboche.so")

そしてRunボタンをクリックします。

messファイルを開いてみると、MFront:3.2.0となっていることがわかります。

結果もhttps://www.code-aster.org/V2/doc/v13/en/man_v/v1/v1.03.126.pdfの値とあうようです。

Parallel版の方も、Ubuntu_gnu.pyUbuntu_gnu_mpi.pyを使ってbuildできました。

$ source $ASTER_ROOT/13.6/share/aster/profile_mfront.sh

を実行して、mfrontに必要なファイルへのpathを通すところがポイントでした。

Sponsored



code_aster v13.6で片持ち梁の解析

こちらの片持ち梁の例について解析してみました。

まず、通常版の結果です。

代表点の変位は次のとおり。

こちらはParallel版の結果です。

MPIとOpenMPが有効になっています。代表点の変位は

となり、通常版と同じ結果となりました。

Parallel版 code_aster v13.6の作成

0.準備

初めてのbuildなら、ここの準備でインストールしたパッケージが必要になります。(Code aster v14.4の場合はこちら。)

1.OpenBLAS
$ tar xfvz OpenBLAS-0.2.20.tar.gz
$ cd OpenBLAS-0.2.20
$ make NO_AFFINITY=1 USE_OPENMP=1
$ make PREFIX=/opt/OpenBLAS install
$ echo /opt/OpenBLAS/lib | sudo tee -a /etc/ld.so.conf.d/openblas.conf
$ sudo ldconfig

以上です。

2.OpenBLAS版CodeAster
CodeAsterのソースコードをダウンロードして展開したら、参考のとおりにsetup.pyを変更します。
$ cd aster-full-src-13.6.0
$ sed -i "s:PREFER_COMPILER\ =\ 'GNU':PREFER_COMPILER\ =\'GNU_without_MATH'\nMATHLIB=\ '/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a':g" setup.cfg

続けて

$ python setup.py install

以上です。参考のとおりに並列計算用のホストファイルを作成しておきます。

$ echo "$HOSTNAME cpu=$(cat /proc/cpuinfo | grep processor | wc -l)" > /opt/aster/etc/codeaster/mpi_hostfile
3.ScaLAPACK
$ tar xfvz scalapack_installer.tgz
$ cd scalapack_installer
$ ./setup.py --lapacklib=/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a --mpicc=mpicc --mpif90=mpif90 --mpiincdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/openmpi/include --ldflags_c=-fopenmp --ldflags_fc=-fopenmp --prefix=/opt/scalapack
以上です。
4.Parmetis

ソースコードをダウンロードして展開します。

$ tar xvf parmetis-4.0.3.tar.gz
$ cd parmetis-4.0.3
$ make config prefix=/opt/parmetis-4.0.3
$ make

完了したら、動作確認をします。

$ cd Graphs
$ mpirun -np 8 ptest rotor.graph rotor.graph.xyz

特にエラーが出なければ~/parmetis-4.0.3に戻って

$ make install

で終了です。

5.ScotchとPtscotch

Codeasterのソースコードに含まれているscotch-6.0.4-aster5.tar.gzを/opt下に展開します。

$ cd /opt/scotch-6.0.4/src

Makefile.incはこちら

$ make scotch esmumps ptscotch ptesmumps CCD=mpicc

完了したら、動作確認です。

$make check
$make ptcheck

問題なければ完了です。

6.MUMPS

Codeasterのソースコードに含まれているmumps-5.1.1-aster2.tar.gzを/opt下に展開します。フォルダ名はmumps-5.1.1-mpiとしています。

$ cd /opt/mumps-5.1.1-mpi

Makefile.incはこちら

$ make all

終了したらexamplesに移動して動作チェックを行います。

7.Petsc

petsc-3.7.7.tar.gzをダウンロードし、/opt下に展開します。まず、configです。

$ cd /opt/petsc-3.7.7
$ ./config/configure.py --with-mumps-dir=/opt/mumps-5.1.1-mpi --with-openmpi-dir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/openmpi --with-blas-lapack-lib=[/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a] --download-hypre=yes --download-ml=yes --with-debugging=0 COPTFLAGS=-O1 CXXOPTFLAGS=-O1 FOPTFLAGS=-O1 --with-x=0 --with-shared-libraries=0 --with-scalapack-dir=/opt/scalapack --PETSC_ARCH=linux-metis-mumps --with-metis-dir=/opt/aster/public/metis-5.1.0 --with-parmetis-dir=/opt/parmetis-4.0.3 --with-scotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 --with-ptscotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 LIBS=-lgomp --configModules=PETSc.Configure --optionsModule=PETSc.compilerOptions

そしてmakeです。

$ make PETSC_DIR=/opt/petsc-3.7.7 PETSC_ARCH=linux-metis-mumps all

次に動作確認です。

$ make PETSC_DIR=/opt/petsc-3.7.7 PETSC_ARCH=linux-metis-mumps test
$ make PETSC_DIR=/opt/petsc-3.7.7 PETSC_ARCH=linux-metis-mumps streams

以上です。

8.Parallel版CodeAster

ソースコードを展開したフォルダに入っていき、aster-13.6.0を解凍します。

$ cd ~/Install_Files
$ cd aster-full-src-13.6.0/SRC
$ tar xfvz aster-13.6.0.tgz
$ cd aster-13.6.0

次に、~/waftools/mathematics.pyの一部を変更してblacsのチェックを外します。

# program testing a blacs call, output is 0 and 1
blacs_fragment = r"""
program test_blacs
    integer iam, nprocs
#    call blacs_pinfo (iam, nprocs)
#    print *,iam
#    print *,nprocs
end program test_blacs
"""

そしてUbuntu_gnu.pyUbuntu_gnu_mpi.pyをフォルダ内にコピーしてbuildの準備が完了です。

$ export ASTER_ROOT=/opt/aster
$ ./waf configure --use-config-dir=$ASTER_ROOT/13.6/share/aster --use-config=Ubuntu_gnu_mpi --prefix=$ASTER_ROOT/PAR13.6MUPT2
$ ./waf install -p

成功したら、/opt/aster/etc/codeaster/asterの中にParallel 版を追加します。

# Code_Aster versions
# versions can be absolute paths or relative to ASTER_ROOT
# examples : NEW11, /usr/lib/codeaster/NEW11

# default version (overridden by --vers option)
default_vers : stable

# available versions
# DO NOT EDIT FOLLOWING LINE !
#?vers : VVV?
vers : stable:/opt/aster/13.6/share/aster
vers : 13.6MUPT:/opt/aster/PAR13.6MUPT2/share/aster
7.設定ファイルの変更
/opt/aster/etc/codeaster/asrunをテキストエディタで開いて、mpi_get_procid_cmdの部分を書き換えます。
mpi_get_procid_cmd : echo $OMPI_COMM_WORLD_RANK
そしてmpirunの部分を次のように書き換えます。
mpirun_cmd : mpirun -np %(mpi_nbcpu)s %(program)s

お疲れ様でした。

code_aster v13.6のインストール

Code Aster v13.6をxUbuntu18.04LTSにインストールしたときの記録です。

ソースコードを本家サイトからダウンロードしました。

次に、buildに必要なpackageをインストールしました。

$su apt-get install  gfortran g++ python-dev python-numpy liblapack-dev libblas-dev tcl tk zlib1g-dev bison flex checkinstall openmpi-bin libx11-dev cmake grace gettext libboost-all-dev swig

そして、aster-full-src-13.6.0-1.noarch.tar.gzを解凍し、出来上がったaster-full-src-13.6.0に入ります。そこで、

$python setup.py install --prefix=/opt/aster

とすると、/opt/asterの下に13.6がインストールされました。

動作確認の結果です。

/opt/aster/bin/as_run --vers=13.6 --test forma01a

 

無事に、インストールすることができました。

 

PETSC for CodeAster13.4

I tried to build petsc ( v3.7.7) for CodeAster 13.4 parallel. This is just a record of the work.

To make petsc library, a command line was put as follows:

./config/configure.py --with-openmpi-dir=/usr/lib/openmpi --with-blas-lapack-lib=[/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a] --download-hypre=yes --download-ml=yes --with-debugging=0 COPTFLAGS=-O1 CXXOPTFLAGS=-O1 FOPTFLAGS=-O1 --configModules=PETSc.Configure --optionsModule=PETSc.compilerOptions --with-x=0 --with-shared-libraries=0 --with-scalapack-dir=/opt/scalapack --PETSC_ARCH=linux-metis-mumps --with-metis-dir=/opt/metis-5.1.0 --with-parmetis-dir=/opt/parmetis-4.0.3 --with-scotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 --with-ptscotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 --with-mumps-lib="-L/opt/mumps-5.1.1-mpi20180814/lib -lzmumps -ldmumps -lmumps_common -lpord -L/opt/scotch-6.0.4/lib -lesmumps -lscotch -lscotcherr -lscotcherrexit -L/opt/metis-5.1.0/lib -lmetis" --with-mumps-include=/opt/mumps-5.1.1-mpi20180814/include --download-mumps=1 LIBS=-lgomp

I checked Configure.log , options were

  • –with-metis-dir : work
  • –with-parmetis-dir:work
  • –with-scotch-dir:work
  • –with-mumps-lib : Not work (Why?)

I referred an article (https://www.code-aster.org/forum2/viewtopic.php?id=23440) and modified option order as follows:

./config/configure.py --with-mumps-dir=/opt/mumps-5.1.1-mpi20180814 --with-openmpi-dir=/usr/lib/openmpi --with-blas-lapack-lib=[/opt/OpenBLAS/lib/libopenblas.a] --download-hypre=yes --download-ml=yes --with-debugging=0 COPTFLAGS=-O1 CXXOPTFLAGS=-O1 FOPTFLAGS=-O1 --with-x=0 --with-shared-libraries=0 --with-scalapack-dir=/opt/scalapack --PETSC_ARCH=linux-metis-mumps --with-metis-dir=/opt/metis-5.1.0 --with-parmetis-dir=/opt/parmetis-4.0.3 --with-scotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 --with-ptscotch-dir=/opt/scotch-6.0.4 LIBS=-lgomp --configModules=PETSc.Configure --optionsModule=PETSc.compilerOptions

Finally, the configure was finished! I thank members of code aster.

I found another problems.

  • When “–with-64-bit-indicies” and “–download-mumps” set for configure, a error message was sent. Why mumps can’t build with 64bit integer?
  • Petsc 3.8.4 (and 3.8.2) doesn’t include “petscxxxdef.h”. Waf doesn’t build CodeAster13.4.

 

 

ELNO場の表示

CodeAsterを使っていて、節点(NOEU)における値の表示はできたのですが、要素(ELNO)の値の表示はどうするのでしょう?

そんなふうに思って調べてみました。

まずは、結果ファイルを読み込みます。そのとき、NOEUと同様にVector化を選択します。

そして、Filter>MechanicsとしてELNOのフィルタを選択します。ここではELNO Filed To Surfaceを選びました。

左上のウインド内にフィルタが表示されます。そして、Applyボタンをおします。

Colorの項目が選べるようになりました。ミーゼス応力を表示するためSIEQ_ELNOを選択して、隣のボタンでVMISを選びます。

これで画面にはミーゼス応力の結果が表示されました。

以上です。